SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

dogtooth violet

はつこい、しっと、さみしさにたえる
<< (´・ω・`) | main | おいで >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
生還
201305081850000.jpg
五十嵐隆「生還」 5/8(水) NHKホール


3/1に、ライブがあることが発表されて以来その他のことはほぼ謎に包まれたままで迎えた当日。
(しいて言うなら、この日の物販が、五十嵐直筆の生還Tシャツと、五十嵐のフォトTシャツだということくらい。生還Tとかほんとギャグかと思ったw)

会場に入ると、「親類一同」と書かれた花がこじんまりとお出迎え。花これだけ。やはりギャグw

10分押しくらいで開演。
暗転とともに鳴らされた音に思わず「嘘ぉ…!」と言ってしまった私。そう、1曲目はなんとReborn。
それだけでもう反射的に涙がこみあげてきて1曲目から号泣。なんせ、シロップの曲をやるという頭が自分の中にはこれっぽっちもなかったのです。
でもふと、この日のライブのタイトルが「生還」だったことを思い出し、ああ生還だからRebornなのか。なるほどね。と泣きながらも納得。この曲を生で聴ける日がまた来るなんてなぁ…としみじみしてしまいました。
納得し、五十嵐おかえり!とひとしきり思って、じゃあ次はバックバンド誰なんだという考えに移る。
1曲目は幕というか、簾というか、そんなような物でステージは隠されていたのだけれど、3階の私の席からはその簾ごしに結構しっかりメンバーの姿が見えたのです。ドラムの人金髪っぽい…というか動きが…似てるけどいやでもまさかね?まさかでしょ。ないない!え、でもあんな似た動きのドラマーいるの?とごちゃごちゃ考えてたら1曲目が終わり、ベースの音とともにまた聴きなれた曲が。そして同時に幕もあがる。

そ、ソニック…!!!

大樹ちゃん!!!!!!!!!

マキリン!!!!!!!!!

ええええええええええええええシロップーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!


湧き上がる歓声と、さっきより大量にこみ上げる涙と、自分でも良く分からない感情と。
でも夢じゃないし、見間違いでもないし、ステージの上にいるのは大好きなバンドで。ああ、生きてればこういう事ってあるんだな…と思いました。
その後もシロップの聴き慣れた曲たちが続いていく。
五十嵐は声はよく出ていて気持ちよさそうでした。

犬が吠えるでやっていた赤いカラスもあって、でもサビはメロディーも歌詞もガラッと変わっていて。
その後は新曲が数曲続きました。
途中、曲順を間違えたようで、五十嵐が中断する場面もあったり。その、中断後の新曲2曲分くらいが私は好きな感じでした。

大樹ちゃんとマキリンがはけて、弾き語りでの明日を落としても。ホール中にとても綺麗に響き渡っていました。
その後2人が戻ってきてまたバンドで。
月になってとか嬉しかったな。優しかった。

終盤は、落堕、天才、クーデ、空をなくすという攻めの流れ。終盤になるにつれてちょっとギターがぐだることもあったけど、五十嵐こんな弾けたの?くらいこの日はギターも安定していました。

アンコはムカデとリアル。

ダブルアンコでまずは五十嵐だけ出てきて、MC。
こうやって歌えることを、半年前には想像できなかった。
UKPの遠藤さん(ダイマス)、VINTAGE ROCKの若林さん(社長)、沢山のスタッフ、そして今日のために一肌脱いでくれたメンバー2人に感謝しています。
という旨の話をし、10年、もう20年くらい前の曲になるかな。中畑君に自転車に乗って聞かせに行った曲。と言って、初期バージョンの翌日を歌う。
そして曲の途中で2人が出てきて、3人で翌日を演奏。
ああ…。数年前も、1番最後は翌日だったなと思って。あの、武道館公演の発表と、その後に少しお休みするという発表の後の、今までで1番悲しかった翌日を思い出して。
その後何年も、どんなに好きなバンドがNHKホールで公演をしても怖くて行けなかった。武道館なんかよりよっぽど私はNHKホールが嫌いになって。(昨年やっと克服しましたが)
そんな場所で、同じように最後に翌日を聴くのはなんだかとても不思議な気持ちでした。

MCの中に出てきた「一肌脱ぐ」という言葉で、ああこれはシロップの再結成ではないのだなと思い、このライブが3/1に発表されて、NHKホールという会場で、生還というタイトルで、Rebornで始まって、前回のNHK同様に翌日で終わるという流れで、その全てはただ単にライブのただの演出だったのだなとも思い。
でもそれでもこの日このライブに立ち会えて私は良かったと思いました。素敵なライブでした。本当に。

そんなこんなで終演。

終演後、特に告知もなく、数時間後に若林社長のツイッターにて、今後のことはゆっくり考えていく(=今の時点で具体的なことは何も決まっていない)と知らされました。
まぁ、ある意味らしいっちゃーらしいw
けれど、新曲が何曲もあるということは、彼もまだステージで歌う気があるということだと思っています。というか、大樹ちゃんとマキリンに一肌脱いでもらったからには、このまままた地下に潜るなんてことして欲しくないです。良いんだか悪いんだか、五十嵐を受け入れてくれるスタッフも、バンドマンたちも、何よりお客さんもまだ沢山いるんだから。ステージの上で、ギターを鳴らして歌ってください。待ってるよ。


Reborn
Sonic disorder
神のカルマ
I.N.M
生活
赤いカラス
新曲
新曲
新曲
新曲
新曲
明日を落としても
センチメンタル
月になって
落堕
天才
Coup d’Etat
空をなくす

En
パープルムカデ
リアル

En2
翌日


翌日の大樹ちゃんのツイッターにて、
“いつの日かたいこを叩けなくなる日が来る
ひょっとしたら明日死んでしまうかもしれない
そう思った時純粋に「もう一度Syrup16gの曲を演奏したいなぁ」って思ったんです”
というツイートがありました。
マキリンも、“いろいろあったけどよかったかな”とツイートしていました。
小難しいこと抜きにして、Syrup16gが今も大好きだなと思いました。

201305081852000.jpg
しゅーる。


−−−−−−−−−−

追記
各音楽雑誌にて、新曲のタイトルが明記されていたので。

ラズベリー
さえないコード
透明な日
ヒーローショー
真昼のターンテーブル

だそうな。

MUSICA、音人、JAPANの記事を読ませてもらいましたが、鹿野氏と金光氏の記事にはぐっときました。
JAPANはやはり兵庫さんの記事が読みたかったよね。
| ライブ | 20:05 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 20:05 | - | - |
コメント
コメントする